看護士 看護師

「看護士」と「看護師」

「看護士」と「看護師」、両方とも発音は一緒です。それぞれ漢字表記にすると、この二つになります。昔は「看護士」が男性、女性に対して使う時は看護婦、という様に区別がしっかりついていました。

 

でも、2001年に法律が変わったことを契機として、性別に無関係に使用できる看護師の表記にまとめられることになったわけです。休みが不規則なイメージのある看護師ですが、職場次第で一応、土日祝日を休みにするようにもできます。病棟勤務だから昼も夜も週末も関係なく働くことになる訳で、外来勤務に変えると、外来の診療は土日は休みですから看護師も一緒に休みとなるのです。

 

予定にない急な出勤や、休日診療に出ることになったりもしますが、土日は基本的に休みだと思って良いでしょう。そして、入院施設がなく、個人経営の病院に勤めると、そういったところは高い確率で土曜、日曜、祝日は、お休みです。景気に関係なく求人が途切れることのない看護師は、転職が大変やりやすいといわれています。転職を希望する先に履歴書を送り、書類選考に受かれば、次の段階、すなわち面接に進むことができます。その場で、これまでの経歴や志望の理由について話をすることになります。

 

 

しかし、能力的なこと以外に、職場で円滑な人間関係を作ることができるかなど、性格的な部分もテストされていると思ってください。技能や知識のみならず、人としての良い面をみてもらうことができれば、上出来です。注射や採血は看護師が行う仕事の代表的なものです。

 

 

 

注射されるのが好き、なんていうタイプは少数派でしょうが、もし注射されるのならば、出来るだけ痛くないように注射してもらいたいですよね。

 

ですが、痛みを感じるかは看護師の腕によるところもあって、看護師によって上手い下手があるのは当然で、残念ですが、上手ではない人に処置されることもよくあります。これは運でしかありませんから、上手な人に処置してもらえれば幸運と思うくらいがいいかもしれないです。
看護師が転職しようとする理由は、人間関係といった人が多くいます。女の人が大半を占める職場ですし、ストレスが多くあることもあって、人と人との関係に頭を悩ませる人が多くいるのでしょう。

 

その中には、パワハラ・いじめが転職する要因となる人もいます。
辛い環境の中を耐え忍んで働こうとすると、体調不良になりやすいですので、早く転職することをお勧めします。医療従事者という意味では、看護師には煙草を嗜む人がそれほど多くないという印象を受けますよね。
実際にはいかにもその通りで、看護師の喫煙率は平均を下回っているそうです。
病気の患者と接する職業上、煙や臭いで不快な思いをさせないように、注意している人が多い職業であるということが理解できます。日夜、看護師として厳しい仕事を続けていると、辛酸をなめるようなことも多いでしょう。

 

 

 

楽ができる病棟はどこだろう、と考え始めるようなことがあっても、不思議ではありません。

 

 

 

一概には言えないものの、割合に楽できるかもしれない病棟とされるところは、人命にかかわらないし、残業が少ないということで、眼科、整形外科、精神科などでしょう。
ですが、どういった病院か、どういった症状の患者さんを診ているのかによって、あまり、のんびりはできなくなるかもしれません。

 

 

 

多くの看護師は、病気を患っている患者やその家族と接する機会が多いため、印象の良いヘアスタイルにも気を配っておきましょう。

 

自分が患者なら、どのような印象の看護師に信頼を置けるかを考えながら、何よりも清潔に見えるヘアスタイルを選ぶことが大事です。勤務先によって、ルールがそれぞれ異なるケースがあると覚えておきましょう。