看護学校の卒業の方が難しい

看護学校の卒業の方が難しい

看護師の国家試験に合格することよりも、看護学校の卒業の方が難しいと感じる人も多いのです。
看護学校はそういわれるほど厳しく、レポートが遅れてしまったり、テストに落ちてしまうなど、ちょっとしたことで留年だそうです。そういう厳格な学校を卒業して、国家試験も合格できた人には、できれば、看護師の職についてもらいたいですね。同じ病院に長く勤務していると出世していきます。

 

例えば、婦長という階級は比較的想像がつきやすい役職ですよね。
でも、そのほかにもいくつかの役職が存在しています。昨今の看護師不足の影響で、看護学生やパートの看護師も珍しくなくなってきましたから、国家試験をパスした正看ともなれば役職的には上の立場に立っているという訳です。当然ですが、役職がつけば収入もアップするでしょう。

 

往々にして看護師の仕事と言えば過酷な仕事だと考えられ、「勤務時間が労働基準内の8時間でOK」なんていう事は夜勤のない個人医院やクリニックの場合に限られると思います。

 

 

二交代制の病院勤務の一例を挙げると、一日通してではなく途中に休憩をとりますが、トータルで16時間勤務になってしまうこともあります。このように、長時間労働が必要であるという勤務形態も、看護師という仕事がハードだと思われやすい理由になっていると思います。

 

看護士になりたい動機は何がきっかけで実際に看護師になろうと思ったのかを交えるようにすると、イメージが良くなるものです。

 

 

転職の際の志望動機は今までに身につけたスキルを活かしたいさらに人の役に立つスキルを習得したいなど、ポジティブなイメージを持たせられるようにしてください。これまでの職場に対するマイナスのことは言わないようにしましょう。

 

 

世間では、看護師は白衣の天使と呼ばれている通り、世間的には、職業的なイメージは悪くないという人が大半だと思います。

 

けれども、実際の看護師の働き方を見てみると、もちろん待遇はそれなりですが、実際は夜勤や長時間残業をしている看護師がたくさんいます。プラス面だけに着目せずに、本当のところ、看護師の労働環境がいかなるものか、正しく理解することが重要です。他業種と比べると、かなり高給取りの部類に入る看護師ですが、もっと収入を得たいと考えて、Wワークに挑む人もいます。
Wワークに向いた仕事も様々で、ツアーナース、健康診断のサポート、その他いろいろと単発の仕事や短期の仕事も、正によりどりみどりで、休日を利用してWワークをしたければ、できてしまいます。ただ、本業の医療機関において看護師のWワークは厳禁、となっている場合もあり得ますし、第一、本業の看護師としての仕事がまた、ハードワークそのものであり、収入のためとはいえ、無理をしてはいけません。多くの看護師は病院で働いていますが、病院といっても比較的大きな総合病院から地域の町医者まで様々にあります。

 

病院に限らず、保育園や介護施設といった場所も看護師の勤務先です。
給料は勤めている会社によって違うものですが、その点は看護師にも同じことが言えます。総合病院と町医者とでは収入に差が出てしまいます。
ですので、平均的な看護師の年収は必ずしも、誰もが得ている収入では無いことを理解しておきましょう。

 

高給や安定性というメリットがあると同時に、厳しい仕事も多い看護師は離職率が高いです。
ですから、どうしても転職率も高い数値になります。
ですので、看護師だけを対象にした転職サイトなども多くあります。

 

このような転職サイトを活用すれば、手際よく希望に沿った求人を探すのが容易に出来ますから、現役の看護師には最適な転職サイトだと言えるでしょう。

 

 

それぞれの転職サイトで求人の傾向や強みが違いますから、こうした転職サイトをランキングにしたサイトを併用して、より良い転職先を見付けましょう。