看護師 夜勤

看護師は夜勤を避けられない職業

一般的に、看護師は入院患者や緊急搬送される患者に対応するため、夜勤を避けられない職業の一つです。

 

 

具体的な勤務時間でいうと、2交代制と3交代制のそれぞれの勤務形態で異なるでしょう。
2交代勤務の場合、勤務時間が17時間近くなるでしょう。
対する3交代勤務の夜勤では夜勤の時間は短めですが、休みと出勤が短時間で区切られた過酷なものになるケースもあるようです。
応募する病院がどういった交代勤務を採用しているのか早めに調べた上で検討することをおススメします。
昔の話ですが、かつての看護師といったらほとんどが女性の職業でした。

 

 

ですが、近年はどこでも看護師の名称が使われ、男性の看護師も多いです。

 

 

実際に看護師に必要な適性を考慮しても、看護師に関する変化は、時代の流れとして自然なものだと言えます。

 

母性を感じるような優しさは持ちろんですが、それ以上に現場での判断力や瞬発力、体力の強さなども、これからの看護師にとって大切な要素だと言えますね。

 

 

 

今流行の「街コン」では、あまたの出会いがありますが看護師の中でこちらに参加をする人というのは多くいます。職場では女性が多数で、男性と出会う機会が少なく、結婚相手を探したいという看護師たちが街コンへ続々と参加しています。街コンの場面でも、看護師は人気があります。

 

けれども、もしも新しい出会いがあっても休日が合わないために破局をむかえることが多いと言われているのです。

 

看護学校を卒業してすぐに働いた病院では、色々と不慣れなあまりにシゴトに耐えられずやめてしまい、このシゴトをずっと続けられるのか、すっぱりとやめてしまおうか、すごく迷ったものです。

 

 

さんざん迷った後で、やっぱりこの道しかないという結論に達しまして、転職することを決めたのでした。沿う決めたまではいいのですが、履歴書をどう書けばいいのやら、悩みました。

 

 

スマホ片手にサイトを探したり、それらしい本を買ってきたり、試行錯誤を繰り返しながら、とにかくなんとか書けましたけど、もはや子供ではないのだから、こうしたことに限らず、何に関しても自分自身の考えで決定し、それには責任が伴うのだと当たり前の事ですが、やっと実感できたのです。
この職業を選んだ人にとっては大きな利点ですが、看護師というのは慢性的に人手不足のところが多く、常にもとめられています。なので、再就職を考え立としてもすぐに叶うでしょうし、その際に気を付けてさえいれば、自分の希望に沿うシゴト先も、発見できるかも知れません。ネット環境があれば、簡単にアクセスできる看護師の転職をサポートする専門の求人サイトなどがまあまあの数があるのです。なので、沿ういうサイトを巡ったり、会員登録をしてみたりして自分にぴったりのシゴト先を見つけることができるといいですね。

 

 

交代制で夜勤に入る勤務の形だと、どうしても休みが不規則になるでしょうが、一応、土日祝日を休みにするようにもできます。
交代制の病棟勤務だと、土日も出勤になるでしょうが、外来勤務に移れば、外来は土日はやっていませんから、看護師もお休みになるでしょう。

 

何か急な事態によって呼び出されたり、休日診療の当番が回ってくることもありますが、でも大体、土日祝日の休みは固いです。

 

あと、入院施設のない個人経営のクリニックとかだと、診療科にもよりますが、たいてい土日祝日は休みをとれるでしょう。